月刊日本2013年11月号

―――目次―――
【巻頭言】
斯くばかり 術なきものか 世間の道    本誌主幹 南丘喜八郎

【特集 「貧困大国ニッポン」への道】
亀井静香   安倍総理! 民の悲鳴が聞こえぬか!
佐高 信        アベノミクスが弱肉強食社会を招く!
田村秀男      今なすべきは消費減税だ 
田村正勝      無利子百年国債を発行せよ!
藤井裕久      裏切られた三党増税合意
大手町太郎     ウォール街が仕掛けた安倍増税
藤原源太郎    金融ハルマゲンド前夜
藻谷浩介      里山資本主義が日本社会を救う

【国体論】
坪内隆彦    本居宣長が受けた学恩

【連載】
植草一秀      アベノリスク新三本の矢と人民の蹶起
山崎行太郎     柄谷行人論序説(14)
三浦小太郎     大東亜会議におけるバー・モウの演説
佐藤 優       『太平記』を読み解く(第63回)
鈴木宗男      均しからざるを憂う
落合莞爾      「南北朝」問題(9)
その他多数

【羅針盤】
井川一久     正しい「歴史認識」のために②
酒井信彦     中共に仕組まれた「反日デモ」
宮崎正弘     パンダが犬だったように

【書評】
ニッコロ・マキァヴェッリ(著)『ディスコルシ――「ローマ史」論』
カール・シュミット(著)『政治的ロマン主義』

価格:¥650(税、送料込)