月刊日本2014年4月号

―――目次―――

【巻頭言】
南丘喜八郎 老人よ! 大望を抱こう ─ 烈士は暮年なるも 壮心已まず

【特集】
<日米関係>
ロナルド・モース×稲村公望 日米関係の本質は歴史認識ではない。パワーバランスだ
亀井静香 日本を衰弱死させるな
石井 修 復古的保守派を警戒するアメリカ

<新自由主義(国家戦略特区)>
佐々木 実 竹中平蔵の陰謀
奈須りえ 国家戦略特区は「ショック・ドクトリン」だ

<保守論壇>
山崎行太郎 天皇批判まで始めた反韓論者・室谷克実を駁す 反韓論の心理と論理

<外交問題>
奥山真司 それでも米中は必ず衝突する
名越健郎 ウクライナ危機 世界大戦の引き金か?

<その他>
上畠寛弘 赤化する古都 鎌倉市から日本を正常化する

【新連載】
松崎哲久 源頼朝の将軍就任(1192年)(日本を決めた100の出来事 第2回)
青木 理 イカサマ男・竹中平蔵が旗を振る「改革」(青木理の飛耳長目 第3回)

【連載】
<政治経済>
植草一秀 日本経済失速が招く安倍政権の凋落(植草一秀の「月刊・経済時評」 第35回)
藤井厳喜 ビットコインとサトシ・ナカモトの正体 ささやかれるFRB謀略説!?(藤井厳喜のアメリカ・ウォッチング 第24回)
鈴木宗男 反ユダヤ主義を警戒せよ(運命に臨む 第24回)
浜田和幸 日米関係に暗雲を投げかける 米水兵らによる集団被曝訴訟(世界経済コンフィデンシャル 第160回)
その他多数

<文化伝統>
落合莞爾 南北朝問題(14)(疑史 第111回)
山崎行太郎 柄谷行人論序説(19)(山崎行太郎の「月刊・文芸時評」 第118回)
坪内隆彦 成就した蒲生君平の志 ─ 水戸藩と宇都宮藩による継承(明日のサムライたちへ 志士の魂を揺り動かした十冊 蒲生君平『山陵志』第21回)
その他多数

【羅針盤】
井川一久 フェイル・セイフ・ナウ!
酒井信彦 なぜダライラマはチベット独立を放棄したのか
宮崎正弘 害虫、イナゴの大群を叩き出せ

【編集部が薦める一冊】
ケネス・B・パイル著『欧化と国粋』
山田孝男『小泉純一郎の「原発ゼロ」』他