月刊日本2014年9月号

【巻頭言】
日本ノ新生ニサキガケテ散ル マサニ本望ジャナイカ

【特集】
<資本主義の終焉>
佐藤優 今こそ『資本論』を読み直す
中谷巌 資本主義と心中するのか
佐伯啓思 構造改革路線と決別せよ!

西部邁 日本近代一五〇年の迷妄 上 近代化の空虚に気づいた諭吉と漱石

<国富を略奪するグローバル企業>

内田聖子 日米財界が一体で推進する新自由主義
本誌編集部 安倍政権はグローバル企業の奴隷か

<戦後70年目の真実>

山村明義 今こそ対米自立を果たす時だ GHQの呪縛を解き放て!
稲村公望 東京裁判史観を修正する米学界 『山下奉文の亡霊』が突きつけるもの
宮本雅史 英霊たちの問いかけ ─ 今の日本は大丈夫ですか
「これでいいのか日本!」沖縄シンポジウム 沖縄を考えることは、日本を考えることだ

【羅針盤】
井川一久 カンボジアと日本、謎のサイクル ①
酒井信彦 朝日・岩波は虐日隷中路線を止めよ
宮崎正弘 クルド族の独立が射程に入った

【連載】
<政治経済>
植草一秀 日経新聞の消費税増税影響軽微報道が完全破綻(植草一秀の「月刊・経済時評」 第39回)
山浦嘉久 欧州で胎動する反ユダヤ主義
藤井厳喜 性犯罪国家の烙印を押される日本 絶望的に進む中韓の慰安婦問題での反日プロパガンダ(藤井厳喜のアメリカ・ウォッチング 第29回)
鈴木宗男 ウクライナ危機で岐路に立つ日ロ関係(運命に臨む 第29回)
浜田和幸 エボラ出血熱拡大の背景に隠された真実(世界経済コンフィデンシャル 第166回)

<歴史・文化・哲学>
三浦小太郎 日本武尊と「悲劇の誕生」(中)保田與重郎論(6)(近代の闇 闇の近代 第30回)
坪内隆彦 皇道経済論の源流─正志斎が説いた「天地の富」(明日のサムライたちへ 志士の魂を揺り動かした十冊 会沢正志斎『新論』第26回)
山崎行太郎 マルクスとエンゲルス 第2回 通常科学と科学革命の差異(山崎行太郎の「月刊・文芸時評」 第123回)
落合莞爾 南北朝問題(19)(疑史 第116回)
池口恵観 高野山創建千二百年を機に日本人本来の心を(池口恵観の日本救国論 第50回)

【編集部が薦める一冊】
私家版・ユダヤ文化論

その他多数