月刊日本2024年3月号

月刊日本2024年3月号
オンラインで雑誌を購入する▼

Amazonでの購入

紀伊國屋書店での購入

 

 

 

 

 

【巻頭言】自民党を解党し、第二の「保守合同」を!

【特集1】混乱こそ好機 選挙制度を含め「大改革」を断行せよ
亀井 静香 「独立自尊」を旗印に、新しい政治勢力を作れ
岩屋  毅 派閥や政党を超え、新たな政治を実現しよう
古川 禎久 裏金問題を機に政治改革を断行せよ
玉木雄一郎 石橋湛山生誕140年 湛山の思想を軸に、真の保守勢力を結集せよ

【特集2】能登半島地震 初動対応「失敗の本質」
奥山 俊宏 自衛隊法の問題点 災害派遣を主たる任務に格上げすべき
山岡淳一郎 愚かな総理大臣では国民の命は守れない
佐藤  眞 能登地震から功利主義の罪悪を考える

【特集3】日本の〝亡国〟に至る病 米国に占領された空・横田空域
三ッ矢憲生 日本は空までアメリカに占領されている
奈須 りえ 誰のための横田空域返還なのか
本誌編集部 横田空域の即時返還を求める

【羅針盤】
加藤 尚武 ホーキングの現代文化論
菊池 英博 昨年の日本のGDPはドイツに抜かれて4位になる見込み
宮崎 正弘 AIが文学の領域を「侵略」
小林  節 「民主主義」を忘れた政治家たち

【連載】
<政治・経済・社会>
佐々木良昭 ホウシ派
倉重 篤郎 派閥の次は衆院解散を
高田 昌幸 広島県警の元警察官が〝カラ出張〟を実名告発 なぜ広島のメディアは徹底解明に動かないのか
植草 一秀 温かな政治への転換
菅野  完 政治資金問題 理性こそが大切だ
稲村 公望 戦後体制崩壊に立ち向かおう
西村 眞悟 被災者たちの心境を思う
松崎 哲久 それでもUSスチールを買収するか?
青木  理 「反日」の反転
鈴木 宗男 「人間の尊厳」を守るためには戦争をやめるしかない
久世 香澄 歯周病と認知症
高山 住男 不祥事解明を放棄した千代田区長?
中村 友哉 上川陽子総理大臣の現実味
池口 恵観 能登半島地震を日本立て直しの契機に

<歴史・文化・思想>
南丘喜八郎 正岡子規
適菜  収 小西甚一『古文の読解』
三浦小太郎 北一輝と2・26事件
小川 寛大 久留米藩難事件
山崎行太郎 《実存主義》的思考と《実存》的思考の差異について
奥山 篤信 『PERFECT DAYS』(日独共同映画、2023年)
川口 雅昭 一の大臣用ひて、三弊皆除かる
石塚べりる 「ピース」サインの意味を知っていますか
高野 善一 一復員学徒の手記

さよならだけが人生だ 寺山修司「私の墓は、私のことばであれば、充分」

<著者に聞く>
『正法眼蔵 全 新講』(春秋社) 著者の南直哉さんに聞く

<書評 編集部が薦める一冊>
『戦後政治と温泉 箱根、伊豆に出現した濃密な政治空間』(原武史著、中央公論新社)